« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

火曜の練習

まだまだ寒い朝の犬の散歩。自然と肩が縮こまっている。気付けば手をぎゅっと握っている。
体を開くには正しい方向へ力を利用するけれど、無駄な力は一切ない。だから「肩を上げない」「握らない」というのかなあ、とか考えた。では「力を抜いて〜」と、今日は力をいれない練習。
が、アダ。
大三はえらい水流れ、弓手肩は前に出てつっかえ棒、離れはタイミングをとっている‥。しかも、中るからタチが悪い。ご指摘頂かなかったら、きっとそのまま突っ走っていたやも。
私の「力を入れない」は、よく指摘を頂く悪いところがうんと顔を出す。「自然体とは自由放縦の意味ではない」ですかな。

862射191中
(month 92/354)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南地区大会

鎌倉武道館(大船)にて開催。
参加者250名くらい。
開始9時半、終了17時ごろ。
予選4ツ矢、羽分け以上が予選通過。
上位から地区代表選手5名を選出する選考会を兼ねる。

今年1番の冷え込み、寒さに耐えながらの大会でした。××○×‥予選落ち。ちゃんと大会で結果を残したいのに‥いつも以上にガチガチで、観覧席から撮って頂いたビデオにもバッチリ映るくらい矢がしなっていた‥。この握り込みをなんとかしなくては。今回はパソコン係をお手伝い。ちょっとした気分でできることではありませんね。寒さはこたえた〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜の練習

たくさんご指摘を頂いた。
GWの京都大会へ参加する。まずはそこを目指して体配をしっかりしようと目標をたてたので、気になるところを挙げて頂いた結果。矢番えから頑張らないと。やっぱり手首がくにゃくにゃし過ぎる。手先と腕が別個の生き物となっているのがとても問題。体配はやるだけ結果が早く出るそうだから、日々気をつけていかないと。
胸を開く。そのためには手先で引かない、肩を上げない。指摘を頭に体を動かすも、上手く行かず‥。方向がお尻をみせたあたりで終了。うーむ。悩んで悩んで、大きくなれるかなあ。

846射185中
(month 86/338)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火曜の練習

今月は審査があって、風邪もひいてしまったので、矢数をかけに道場へ。昨晩ご指導頂いた点を念頭に、的と対峙する。二の腕、意識すると弓を立てるところから全然違う気がする。動きがゆったりというか大きいというか。矢番え、弓を返すところは何か変。これは見て頂かないと良し悪しがわからないなあ。まあ、意識が大切。二の腕を使う=手先で引かない、も意識。30射したが、1中気持ちよく引けた。的はチョコっと寄った気もしたし、しかも真中。あれが皆中とはいかなくても3/4出るようになれば‥。大三から会までの引き分けはやっぱり上半身でいっぱいいっぱいになってしまう。引き分けと二の腕、すっごく関連しているように思うのだか。まずは使っていなかった二の腕を鍛えると違うかなあ、うーむ。

802射179中
(month 80/294)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月曜の稽古

衝撃的事実がまたっ!

全然二の腕を使っていない、手先でこなしている(泣)
「矢捌きが変」がきっかけだった。動作が合わない、変なフリルをつけていると。自分でやってもよくわからないので、しっかり見て頂いたら「おやまあ」である。審査、大前だったら結果が違っていたかもしれない。しかもこの「変」は矢捌きだけではなく、射においても手先で引いていることを証明している‥。ひとまず1週間という期限をつくって猛特訓です。

そして、もう一つ。
私が思っていた「会」は「会の始まり」でしかなかった(愕然)
「そこからが楽しいところなのに」。引き延ばすでなく、会を楽しむ。その違い。一体どうすれば手には入るのでしょう。意識するほど上半身で引いて硬くなるから、矢はあれ放題。ううむ。

先生からの本日のご指導。
・打起しから大三にかけて、大きく伸びながらゆくこと。
・永遠の引き分け、広がり続けて会をもつこと
開き続けると、的が寄って来る‥らしい。
会の向こう側、絶対手にいれるぞー!!!

772射174中
(month 75/264)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月曜の練習

風邪を引いているような‥というわけで、練習。が、昨日の合格が夢のような状態。気が抜けたのか、これをこうしようという意欲もなく‥

736射161中
(month 62/228)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四段審査

合格しました!‥実感はまだないです‥
初段をとった時以上に落ち着かず甲矢はめちゃめちゃだったのですが、めちゃめちゃなりにいいところもあり、また入った乙矢が良かったとのこと。「全力を出し切った」と思った実科。それが良かったのでしょう。張り=気持ち、ですかね。

受審者123名、合格19名
学科問題は次の通り(2問出題のうち1問回答)
1)基本動作の留意点について述べよ
1)「伸び合い」「詰め合い」について述べよ
2)射法・射技の基本を5つ列記し、そのうちの1つについて述べよ
2)弓の取り扱いについて述べよ
3)三重十文字について述べよ
3)危険防止について述べよ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

災難3「キー、が行方不明」

家に帰ってまで‥。見つかったけど、そこにいれた記憶がさっぱりない場所。今日はゆっくりした方がよさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

災難2「バッテリー、あがる。」

車幅灯をつけっぱなしにしてた‥。フロントカバーの開けかたすらわかない私。みなさんが助けて下さった。本当にありがたい。最終日になにをしているのだか‥恥ずかしい出来事とともに記憶に残ってしまった‥。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

災難1「矢、壊れる。」

Yahason近的で幕を射抜き‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競技力強化国体(5)

午前、遠的32射。
「腰をきる」つもりが上半身だけ動いていくことが発覚。ちゃんと腰をきると、矢飛びは多少悪くなるが、弓手を押し続けた方向に矢が飛んでゆく。また「最後まで張る」ことを指摘頂く。届かない時はやっぱり張れていない。妻手肘を意識して引き分け、肘が肩まできたらもう一入れ、弓手をまっすぐ張って、背中の張りを意識しつつ、矢筋に妻手を離す‥最後にやっと22点をGET。この感覚を忘れないように。
午後、近的20射。
遠的の感覚を忘れずに、実践。しかし矢は不安定。またまた「最後まで張り続けなさい」と指導頂く。矢が離れる時には体の張りの力を止めているとのこと。遠的の感覚をしっかり体に働かして、あとは左右に的の向こうへまっすぐを意識した‥なかなか良い感じ。もしかして「伸びあい」とはこういう感じなのだろうか?しばらくこの方向で頑張ってみよう。
本日で冬期強化は終了。あとは4月の国体選手選考までなにもなくて、これは強化で得たものを自己研磨してきないさいってことなのでしょう。審査に地区大会に、まずは結果を出してゆきたい。

648射142中
(month 43/140)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜の練習

体を入れようとして、前に傾いている。しっかり縦線を見直さないといけない。
カケの使い方が違っているようだ。
私は中指人さし指を親指にひっかけている状態とのご指摘。教えていただいたら、ぐっと中指人さし指がなかにはいり妻手はがっちり固定されていた。引くのが恐くなるかとおもったけど、逆にとても引き易い。がっちりしてるから、手首引きもなくなっているのじゃないだろうか。一先ず審査まで間に合うとのことなので、練習ですなあ。

592射126中
(month 27/84)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常盤遠的月例会-如月-

最近、遠的が楽しくなってきた。
近的よりのびのび引けているような。
指摘を受けていた妻肘の動きもだいぶいいとのこと。
大三の張りと打越しで弓がてるを注意すること。
でも、中りはまだまだ。まずは0をなくさなきゃ。

568射122中
(month 23/60)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いただきミトン♪

Miton素敵な素敵なミトンを頂きました。しかも靴下付き。作るのは好きな私ですが、編み物だけはできないから、感動ひとしおです。可愛い格好しなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯たんぽに首ったけ

Img_0002注文していた湯たんぽが届きました。愛らしいタートルネックを着た
、可愛いやつ。このところ温かいというのに、毎日使っています。取扱いは慎重に‥指先、ちょっと低温火傷中‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »