« 月曜の稽古 | トップページ | 大宮八幡祭弓道大会 »

土曜日の稽古-訂正-

久々の北の道場。
新調した竹矢が今日とうとうダメ出し。ガタガタになっていた。競技者になるなら真っ直ぐな矢を使いなさいというのに、持っているのは悉くがたがた。直すまでとりあえずジュラ矢を用意することに。恥ずかしいったら。
竹矢を新調する際は、出来上がってから半年くらい矢師さんに預けるものだとか。半年でだいたいタメが安定するので、その間の調整を矢師さんに任せるということらしいです。それでも、半年に一度はメンテする。手入れしてないなぁ…。
稽古では、手の内の角度についてご指摘あり。今までよりかなり上押しな感じだけれど、それで少し上押し気味の中押しになるようだ。しばらく試して掴まなきゃ。

|

« 月曜の稽古 | トップページ | 大宮八幡祭弓道大会 »

弓矢」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
僕もちょうど昨日に矯め直しに出しました。出すといっても数十分ですが。
練習量の多い方にとって道具の預かりが長いのは痛いですよね。そういった点やアフターサービスでも矢師さんのいるお店で買うのがベストだなと思いました。
また修理の費用なども考えずに購入しましたが、僕の通ってるお店はかなり手頃な修理費用だという事が以前に分かったので「これなら恐れず竹矢で引ける!」と決めました。それまでは竹矢勿体無い!と思っててジュラと両方持っていって引いてました。正直、この練習は身にならないです。

って事で矢は全部竹のこばやんでした。

投稿: こばやん | 2007.09.09 20:09

なるほど。私は逆に初めから竹矢、遠的矢を除いて四ツ矢三組すべて竹矢です。ジュラ矢ははじめて持ちます。良い竹矢はちゃんと手入れをすれば、コスト的にも優れているはずですが…ちゃんと道具について知らないといけませんね。昔ほど良い竹が取れなくなって、手頃な良いものはなかなかないともききました。
お手頃な弓具屋さんが気になります(笑)。

投稿: えん | 2007.09.10 07:29

おぉ、初めてなんですか!
ジュラは「味気」ないですよ~。あれは羽根次第で結構な金額を取るお店もありますが・・・。
気に入ったの購入できるとよいですね!

ちなみに僕が通っている弓具屋さんは一つしかありません(笑

投稿: こばやん | 2007.09.10 14:31

ジュラ矢、使わなくてもいいなら使わないに越したこと無いですよ~。でもどうしてもなら、お気に入りになる一品選択してくださいね!

箆矯め、バッチリして良い矢になって戻ってくるのを期待ですね。


弓でも火入れして姿整えるのと一緒ですね♪

投稿: しのぶ | 2007.09.10 20:08

こばやん様>
あそこですね。今度のぞいてみたいと思います。

しのぶ様>
竹矢だけで突き進みたかったのですが、直しに持って行くまではジュラ矢で頑張ります。手入れが良くなく恥ずかしいかぎり(>_<)。

投稿: えん | 2007.09.11 17:43

「訂正」について
誤解を招く表現をあらためました。

投稿: えん | 2007.09.12 06:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月曜の稽古 | トップページ | 大宮八幡祭弓道大会 »