« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

もひとつ、つり革〜

もひとつ、つり革〜
端処理悩み中…

| | コメント (0)

つり革も作ってみた

つり革も作ってみた
忙しいときほど、こういうことがしたくなる。
握り皮の裏に手拭いを貼って、同じ手拭いのくるみボタンをあしらってみました。
from MEDIA SKIN

| | コメント (0)

おでき、引き続き

薬、効いた模様。このまま効いたら、切らずに済むかもという診断。ちょっとホッとした。頑張って薬飲むぞぉ。
from MEDIA SKIN

| | コメント (2)

層別大会(青年・一般女子の部)

前日の称号・一般男子の部とはうってかわって、雨。的前審判の方が雨溜まりに苦労されていました。
さておき、結果は1中です。新人さんが3中と頑張っている中、不甲斐ないことです。「扇」弦巻デビューに浮かれてたせいかな(笑)。早く仕事が一段落して、がっつり練習に通いたいものです。

層別大会(青年・一般女子の部)
青年76名、一般女子177名
9:30開始、13:00までに予選終了
四ツ矢羽分け以上が2回戦へ進出。
1,2回戦の合計上位者が決定進出。

| | コメント (0)

手拭い弦巻「扇」

手拭い弦巻「扇」
製作にハマり中。

| | コメント (2)

講座開講

栗の手拭い弦巻が欲しいと要望があったので、作り方講座を開講してみた(笑)
ひとに教えて教えられることは本当に多くて、良い勉強になりました。
できるだけ布と手順を少なくしたけれど、もうちょい手をかけて完成度をあげた方が良いみたい。
次回作、がんばろ〜。

| | コメント (0)

おでき、治らず

薬が効かず、薬が変わった。これが効かないと顔にメスが入るかもしれない…効きますように〜
from MEDIA SKIN

| | コメント (3)

手拭い弦巻「栗」

製作写真を掲載〜。手拭い弦巻「栗」
写真2 写真2 写真2
写真2 写真 写真
写真 写真 手拭い弦巻「栗」
手拭い弦巻「栗」 手拭い弦巻「栗」 手拭い弦巻「栗」

| | コメント (0)

ショックぅ〜

ショックぅ〜
握り皮を変えようと思ったら、逆平行四辺形(ToT)。スウェード地の方が裏ではないよねぇ。買うときに気にしなかったのが悔やまれる。土台が良い感じでできただけに、ガックリ〜。

| | コメント (0)

何?ナノSIM?

iPhone5がついに発表されましたね。薄く長くなって。実際触れて、長いのが良いのかどうかが重要かなぁ。4S使ってiPadで十分と感じてる私としては、購入は微妙なところ。
でも、やっと日本でSIMロックフリー版がでるのなら。加入したばかりの IIJmioが活躍?なんて期待して思わず手がのびそうになる(笑)。せっかくマイクロSIMだし〜…ん?何?ナノSIMって?どんなに小さいの?
弱った、気になる〜。

| | コメント (0)

顔におでき

おできっておしりにしかできないものと思ってました…。
寝不足だし、吹き出物が日々大きくなっているだけかと放置していたら、アクネ菌ではなく黄色ブドウ球菌の悪さと判明。切開することにってしまう前にお医者にかかり、顔にメスが入ることを回避。危うかった…5日間の内服薬と外用薬のクリームで様子見。
いつもと違う吹き出物には要注意です。

| | コメント (0)

手拭い弦巻「茄子」

デコ弦巻「茄子」
売りものの和紙張り弦巻は柄に好みのものが見つからず、自分で作ってみました。可愛い茄子の手拭いがあったので、和紙のかわりに手拭いでもよいかなぁと。
うまくいったぁ!
紙より布の方がもしかしたら貼りやすいかも。円みは紙だと形にきっちり沿わす必要があるけど、布ならざっくりで大丈夫。

「手拭い弦巻」作り方
01.プラスチック弦巻の直径+2cmの正方形に手拭いを切る(2枚)
02.プラスチック弦巻の片面に薄く平らにに接着剤を塗る
03.手拭いをシワにならないように貼る
04.弦巻の3mmくらい外周を糸で縫う、留めずにおいておく
05.糸のさらに外周5mmくらいを残して円の形に沿って布を切る
06.円の外周の布に接着剤を塗る
07.糸を引き、弦巻の内側に布を引き入れる。糸を留める
08.弦巻の内円上に張った布を十字に切る
09.十字の中心、三角の山を切り落とす。弦巻の幅にあわせだ高さにする
10.布に接着剤を塗り、内側に貼りつける
11.もう片面も同じ手順。ただし十字に切り開く時は、先の十字間に十字を切るようにする
以上。


デコ弦巻「茄子」 材料:プラスチック弦巻、手拭い、多目的ボンド、竹串、針と糸、定規
試行錯誤しながらで写真無し。
接着剤はサクラクレパスの「ボンドタッチ」を使用。

from MEDIA SKIN

| | コメント (0)

豆盆栽の日射しよけ

豆盆栽の日射しよけ豆盆栽の日射しよけ
夏も終わり、宿題を片付けよう(笑)。豆盆栽の日射しよけを作ってみました。苔は陽にあてっぱなしにできないので日中は部屋にいれる、風がないのも駄目なので夜は外に出す。だいぶ陽も秋めいてきたし、この恆があれば出しっぱなしも可能かなぁ

竹のすし巻を改良 100円
from MEDIA SKIN

| | コメント (2)

水をもって水を制す

水をもって水を制す
研修の帰り道、突然の雨にうたれて、お気に入りの革鞄に雨跡がついてしまったの。いくら乾かしても跡は消えない。逆に跡がわからないくらい濡らしてあげると、消えるのですって。早速、実験してます。

| | コメント (0)

しあわせすぎます、この鯛丼

生きかえった。
ほんとうに生きてて良かった。
おいしい美味しい鯛丼でした。
「鯛ふじ」
研修場所から歩いて5分くらい。茅場町というより近いのは水天宮でしょうか。鯛好きの私がググって気になり、勇気を出して暖簾をくぐってきました。
これが、大〜当たりぃ〜。
白米の上に漬けた鯛、お吸い物につけあわせ。至ってシンプル。でもこれがすごい。漬けた鯛はからからず薄からず絶妙な塩梅で、白米とのバランスも私好み、副菜もいい味を出してる。何よりお吸い物が、素晴らしくよいお出汁。お昼からこんな贅沢して良いのでしょうかっというお料理でした。余韻のある料理は久しぶりで、ほんと細胞から喜んでるなあ。ありがたい、出会いです。
夜は要予約のおまかせのみとのこと、ぜひ味わいに来ようっと。

「鯛ふじ」
鯛丼1000円
ランチは他、鯛茶漬け、焼き魚などもある。
夜10000円以上のおまかせ、要予約のみ。
土日曜祝日が定休日。
半蔵門線「水天宮前」2番出口から徒歩3分。

| | コメント (0)

研修で茅場町

IBMのLotus研修へ行ってきました。
notesの参考書は良い書籍がなく、研修のテキストが最良ときいて以来ずっと熱望していた研修。仕事でお勉強できるってありがたいです。
私が受講したのは、データベース入門。すでにあるデータベースのカスタマイズができるようになることを目指すコースです。目新しいことは実は少なかったのですが、独学であいまいだった点がすっきりしたのが良かった。受講資格は「Notesクライアントを使ったことがあること」。書籍を見ながらひとつDBを作ったことがあるので研修にはついていきやすかったものの、進行スピードは早目。メールだけ使ってるひとでもついてゆけるのかなぁ。難易度は高くないけれど、集中力が途切れると操作おいてかれちゃって…(汗)。一時間に10分位の休憩があり、内容も充実していて飽きない、テンポ良い研修でした。
もう一段上のコースも受けてみたいけど、受講料が10万円越えな上4日間の集中研修。業務の合間に作業してる身にはなかなか厳しい。まずはカスタマイズでどこまでできるか、ひとつ作りあげてからです。カスタマイズの限界に挑戦かな(笑)。

IBM研修
LotusDOMINOアプリケーション入門
「データベースのカスタマイズ」
茅場町研修センター
9:30〜17:00
約一時間毎に10分休憩、お昼は1時間。研修フロアには休憩場所、自販機あり。
無料の温かいお茶ががありがたかった。冷房がかなり効いており、スカートにストッキングではかなり冷えます。
今回の受講者、5名。

from MEDIA SKIN

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »