« 2017年10月 | トップページ

2018年4月

四月例会の場合2018

総合優勝は最高的中者五段1人(権利未取得)のため、ストレートで決まり。
参段以下の最高的中者は4名だったので射詰。矢を2本持ち入場。1本目で的中1人となり、参段以下の優勝および権利者が決定した。

事前打ち合わせ
・3人立ち2射場のまま、的は1245を使う
・1本引いたら本座に戻る。2本目を引いたら退場し、また一手持ち、と優勝者が決まるまで繰り返す。
・権利持ちは1名。その1名が優勝した場合は別途権利者決定戦を遠近で行う。
・射詰一手の甲矢で権利既得者の優勝が決まった場合は全員矢をもったまま一旦退場し、仕切り直す。
・遠近は射場を分けている白い棒をとり6人立ち1射場にして、3の的で行う。

| | コメント (0)

月例会の覚え書き1

例会の運行を整理してみる。

月例会には総合優勝と参段以下の優勝があって、優勝者は12月に行われる年間優勝決定戦への参加権利を得るという仕組みになっています。
四段以上が優勝した場合は優勝者が二人。参段以下の人が総合優勝した場合は優勝者は一人だけとなります。賞状は優勝者が二人なら二枚、一人なら一枚用意します。
優勝決定戦は射詰。ただし時間がかかる場合は正面席に確認して他の方法に代えることもあります。
優勝者がすでに権利を持っている場合は次点の人に権利が移動します。多数の場合は競射です。
これらの流れは日弓連の『弓道競技運営要領』(ネットにPDFあり)に準じていて、あとは臨機応変。つまり経験を積むしかないので実例を別記するかな…

月例会の係を多くの人に携わってもらうようにするには自分が知らないとと痛感…を覚え書き。

| | コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ