Visio

かけだしVisio「ファイルサイズの縮小」

10MBのVisioファイルは4MBまで縮小できました。まだまだ大きい。次は1MBを切りたいです。

Visio2010の場合、
[ファイル]-[情報]-[ファイルサイズの縮小]です。

| | コメント (0)

駆け出しVisio製作「実用化はほど遠く」

「重いっ」これでは使えない…
エンジアリングフローのCAD図からVisioへの移行を狙っています。AutoCADなんかは機能縮小版のLtでも10万円以上します。簡単なフローを描くには高いので、5万円のすでに使用していたVisioという選択、Excelとの親和性、図をスマートに使いこなせる機能と言った点からも、洋々とプロジェクトは立ち上がりました。
機能が豊富ということは、当然重いってことです。
軽いソフトが好きです。でも最近はパソコンのスペックが上がりあまり気にしなくなりました。この頃問題に上がるのは常にオンラインになろうとする機能達で、ただ図を書いて保存するだけのVisioが重いことは失念…片手落ちどころではありません。そもそもOfficeは重い、加えてVisioというのは削除したシェイプ(図)のデータも後生大事に持ち続けるソフトらしい。ごみ箱に捨てても、ごみ箱から削除しなくては空き容量は増えないのと一緒です。隠れデータを削除する機能は2007から実装されているようですが、さてどれほどの効果があるものか。
普段使用しているCADで約50KBのデータ、dwg変換でも100KB台、Visioで10MB超え。せめてdwg並にしたい。目下縮小化が課題です。

| | コメント (0)

あぁっ、イライラするっ Visio2013

ステンシルひとつ使うのにもインターネット接続が必要なのぉ〜((((;゚Д゚)))))))
いちいちいちいち、んんっ、もうイライラするぅ〜。

| | コメント (0)

インストールが面倒です

Visio2013をインストールしましたが…なんともインストールが面倒です。オンラインインストール、いろいろ登録させられて、個人情報をどこまで明かさないとソフト一本インストールできないのだか。2010にしておけば良かったなあ。

| | コメント (0)

スマートにいこう

Microsoftの無償セミナーに参加してきました。
今回のお題は「もっと使い込もう!Microsoft Visio2013」です。
シェイプを作っていくと出てくる「こうしたい」「ああしたい」。どうやって、VBAを使わずにどこまでできるのか、そんな疑問点をすっかり解消。初級者からちょっと抜け出たい人にはうってつけのセミナーです。5人マックスのこの講座、お互いの顔をみて話すので、質問もしやすく、とても楽しい2.5時間でした。いろいろやって見たいことが拡がって大変です(笑)。
ポイントは、スマートシェイプをスマートに活用すること。まずはスマートシェイプの習得を目指すぞー。

Visio無償セミナー
「もっと使い込もう!Microsoft Visio2013」
主催:株式会社マイスター/日本マイクロソフト、他
日本マイクロソフト 品川本社にて開催

| | コメント (0)

visioシェイプの固定

Visioは設定縮尺に合わせてシェイプを大きく小さくしてくれる。配置も自由。これはこれで便利な機能なのだけど、会社の表題欄など常に同じ大きさ同じ位置で打ち出したいときは、シェイプシートで設定ができます。※Visioは2010を使用。2013でも方法は同じはず、ただし未確認。

常に同じサイズと同じ位置に固定されるシェイプのつくり方
(例:ページ右下、20mm×20mmに表題欄の右下角を固定)
シェイプシートの設定
01.シェイプのローカルピン値をシェイプの右下に設定
例:LocPinX=Width、LocPinY=0
02.配置をページ右下20mm×20mmに設定
例:PinX = Guard(ThePage!PageWidth-20 mm.)、PinY = Guard(20 mm.)
03.縮尺に左右されないように追加設定
例: PinX = Guard(ThePage!PageWidth-20 mm.*(ThePage!DrawingScale/ThePage!PageScale))、PinY = Guard(20 mm.*(ThePage!DrawingScale/ThePage!PageScale))

参照URL>
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc326141.aspx

まったく動かないシェイプが完成。ただこの設定、図面内の文字まではカバーしてくれず、文字は縮尺によって大きく小さく変化してしまいます。さてはて。

| | コメント (0)